忍者ブログ
宮城県仙台市のマンション7階のベランダがわたしのお庭です。
<< 2017 / 06 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 456 ] [ 455 ] [ 454 ] [ 453 ] [ 452 ] [ 451 ] [ 450 ] [ 449 ] [ 448 ] [ 447 ] [ 446 ]


『チランジア』

エアープランツという名まえで流通しているのは知っていましたが、

土がなくても育つとはいったい植物としてどうなのかと理解できず、

今まで見て見ぬふりをしてきました。

それが花友のぱめさんが育てているチランジアのブログ記事を見てるうちに、

だんだん身近に感じるようになり、

お店でチランジアコーナーを見つけると立ち止まって見る程に。

「ほうほう、いろんなのがあって奥が深そう。」

「だけど、結構気を使うし、手間がかかるんだね~。」

などとチランジアの実態を知るにつれ、

やっぱりわたしには手を出せない世界だと諦めてみたり、

「でも・・・」とむくむくと育ててみたくなったり。

多肉植物を迎えた時と同じようにかなり悩みましたが、

お迎えすることに決めました。





初めてのチランジアは『アンドレアナ』です。

水分が多めに必要で、1日1~2回のたっぷり霧吹きと

週1~2回のソーキング(水の中に浸す)のお世話をします。

寒さに弱く10℃以下はダメとのことですが、

マンション内は真冬でも14℃を下らないので温度の問題はクリア。


 


直径(というのか?)15センチ弱。

ツンツン葉っぱは思っていたより硬く、

ウニのようでもあり、松のようでもあります。

掌に乗せると小動物のようでもあり、動きだしそうな雰囲気。

うまくいけば赤い花が咲くそうです。

何が不調のサインかもよくわかっていませんが、

長生きしてもらえるよう日々お世話に励みたいと思います。














PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
初めてのチランジア
ようこそ、奥深いチラ沼へ(笑)

アンドレアナ、立派な株GETできて良かったね。
小鳥がついたかご(?)がとっても似合う♪
その下の写真も良い感じ~。

ビビッドな赤い花は宝石のようで見飽きないよ。
新しいとこはエアコン完備で冬安心になったから
私もアンドレ再挑戦してみよう、探してきまーす(笑)
ぱめ URL 2016/08/25 Thu 16:29 Edit
ぱめさんへ
そうですね~(笑)チラ沼に片足つっこんじゃいましたかね。
十分にお世話ができなくなるからあちこち手を広げないようにしようと思っていながら、多肉にもチラにも(笑)
初めての一株なので、簡単に枯れなさそうな元気な株を手に入れられて良かったです。
今は鳥つきカゴ(seria商品)に入れてそのまま霧吹きしてますが、バークに乗せる方がいいのか考え中です。
ツンツンな姿もすごくかわいいけれど、一度はツンツンの中の赤い花を見たいものです。
ご教授よろしくお願いします!
うーぱー 2016/08/26 Fri 11:21
初めてのチランジア
買ってきたよ~♪
まずは一緒に冬越し頑張ろうっ
ぱめ URL 2016/09/07 Wed 17:42 Edit
ぱめさんへ
ごめんなさい~。
こっちのブログずっと放置で、気が付かず・・・。ほんと、ゴメン。

うちのアンドレアナ、大事にしすぎて、あちこち葉が折れてしまいました。
そろそろ寒くなってきたので、気をつけてお世話しないと。
うーぱー 2016/11/03 Thu 23:36
2 Comment(s)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/21 ぱめさん]
[05/10 ぱめさん]
[05/10 ぱめさん]
[05/10 ぱめさん]
[04/26 ぱめさん]
プロフィール
HN:
うーぱー
性別:
女性
自己紹介:
今までもこれからもずっと「園芸が好きです」と言えたらいいなと思っています。




にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村


■カメラ Nikon D50
TAMRON AF18-200mm
TAMRON SP AFDi90mm
カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]