忍者ブログ
宮城県仙台市のマンション7階のベランダがわたしのお庭です。
<< 2017 / 12 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



一か月前小さな蕾だったマクロペタラのウェッセルトン。

満開です!!!





ほらっ。こんなにいっぱい咲いてる!





ボサボサ頭のかわいい娘たち(笑)

わいわいガヤガヤお喋りが聞こえてきそうです。





一昨日の台風並みの強風で、鉢ごと倒れてしまったので、

ベランダの隅っこに避難していました。

今はリビングからよく見える場所にいます。





数えてみたら花は40くらい。

こんなにたくさん咲いちゃって、

今後枯れちゃうんじゃないかと心配もよぎりますが・・・。





もうちょっとカッコよく仕立てられないものか。

それが(も)課題です。












PR


 ベランダの一番端に鉢を置いていて、

目には入るけれどちゃんと見ていなかったクレマチス。

ふっと気がつくと、もう蕾がついていました!

クレマチス マクロペタラ ウェッセルトン




なんとなんとウェッセルトンに、です。

3年目にしてこんなにたくさんの蕾が!!




なんだか早すぎるような気がしないでもないけれど、

小さな蕾がざっと数えただけでも15くらいはありました。

すごいっ。




今はまだ過大な期待はしない方が身のためですが、

そうはいってもあの水色のボサボサ髪みたいな花が

たわわに咲いている光景を想像して、ニヤニヤしてしまいます。





うう~、絶対咲いておくれね。お願いだから。

そうそ、もっと日の当たる場所に鉢を移動しようっと。




他のクレマチスも春を告げていますよ。




クレマチス ミス・べイトマン

寒くてベランダに出るのが億劫な冬の間に、

すっかり枯れたと見せかけて、

毎年着実に新しい葉をつけてくれます。




クレマチス アラベラ

2月の終わりに地際の新芽を二つ残してバッサリ。

ほんとは地中から新枝が出てほしい。






シラー ミスクトスケンコアナ

名まえ覚えられない・・・(ため息)



2014年にもこのストライプのシラーの記事を書いていました。

一昨年あたり新しい球根を購入して植え付けたものの、

昨年は茎が伸びずに咲き終わってしまったような記憶があります。



丈が伸びず地表近くで咲いています。

これから伸びるんだったかしら?

このまま終わってしまうかもしれないので

今のうちに写真を撮っておきましょう。



撮影のために部屋に入れてますが、

鉢は冬中ずっとベランダに置いています。

花びらの内側は白ですが、外側にきれいな水色の線が入ります。

鉢は10センチくらいの小さなものです。



窓際に置いてお日様をあててみました。

背が伸びたらまたアップします。






今年のビオラ購入株はこちら様。
 
ヌーヴェル ヴァーグ ~すみれの革命~





以前育てた宿根ビオラを思い出すような

この配色にズキューンと撃たれまして、

580円もする高級ビオラ様をお買い上げ。

(今年の購入株はこれだけになりそう)


 


買った時にはわからなかったけれど、

ラベルをよく見ると江原さんのビオラでした。

江原ビオラは種を購入して育てたことがあります。(2012~2013年)





その時も絶妙な色合いや縁どりやフリルがうっとりするほどかわいくて、

数種類の趣きの違うお顔を見せてくれたんでした。





それと同時に、宿根ビオラもレベッカとかゾエとか

かわいかったなと昔を懐かしんでみたり。






『チランジア』

エアープランツという名まえで流通しているのは知っていましたが、

土がなくても育つとはいったい植物としてどうなのかと理解できず、

今まで見て見ぬふりをしてきました。

それが花友のぱめさんが育てているチランジアのブログ記事を見てるうちに、

だんだん身近に感じるようになり、

お店でチランジアコーナーを見つけると立ち止まって見る程に。

「ほうほう、いろんなのがあって奥が深そう。」

「だけど、結構気を使うし、手間がかかるんだね~。」

などとチランジアの実態を知るにつれ、

やっぱりわたしには手を出せない世界だと諦めてみたり、

「でも・・・」とむくむくと育ててみたくなったり。

多肉植物を迎えた時と同じようにかなり悩みましたが、

お迎えすることに決めました。





初めてのチランジアは『アンドレアナ』です。

水分が多めに必要で、1日1~2回のたっぷり霧吹きと

週1~2回のソーキング(水の中に浸す)のお世話をします。

寒さに弱く10℃以下はダメとのことですが、

マンション内は真冬でも14℃を下らないので温度の問題はクリア。


 


直径(というのか?)15センチ弱。

ツンツン葉っぱは思っていたより硬く、

ウニのようでもあり、松のようでもあります。

掌に乗せると小動物のようでもあり、動きだしそうな雰囲気。

うまくいけば赤い花が咲くそうです。

何が不調のサインかもよくわかっていませんが、

長生きしてもらえるよう日々お世話に励みたいと思います。














カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/25 ロレックス 時計 コピーさん]
[11/25 エルメス偽物さん]
[11/25 ルイヴィトンバックコピーさん]
[11/25 ルイヴィトン 財布韓国コピーさん]
[07/29 ぱめさん]
プロフィール
HN:
うーぱー
性別:
女性
自己紹介:
今までもこれからもずっと「園芸が好きです」と言えたらいいなと思っています。




にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村


■カメラ Nikon D50
TAMRON AF18-200mm
TAMRON SP AFDi90mm
カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]